ひたちなか合気会ホームページ ≫ お知らせ
ひたちなか合気会 お知らせ
 


2月13日〜合気道稽古再開の件

印刷用PDF はこちら

ひたちなか合気会各地区指導員及び
一般会員各位及び少年団保護者各位 

令和3年2月6日
ひたちなか合気会
会長 五十嵐雅高

 

■政府の特定都市県に対する緊急事態宣言の延長が発令され、同時に、茨城県においても昨日、県独自の緊急事態宣言が、今月末の 28 日まで延長されました。
 かってない規模の感染拡大は、多くの方の危機感や意識の変化により、感染者は減少傾向にあるものの、まだまだ予断は許さない状況にある事も事実です。

■茨城県はこれらの状況にある一方、今後の推移状況によっては 28 日まで待たずに段階的に緩和するとも言われており、その経過処置としてスポーツ活動については活動再開が段階的に可能になっており、茨城県の各市町村公共体育施設の緩和や自粛解除も発表されました。

    【2月6日現在 周辺市町村公共体育施設の状況】
    1)ひたちなか市 ・・・ 当面の間、新規予約は中止(2月28日頃までと推察)
  •      但し、既予約(団体)の利用は、感染予防対策の徹底及び無観客により利用可能。
  •      定常的に利用の団体や少年団の活動は利用再開可能 (2月9日(火)より)

  • 2)東海村 ・・・ 2月8日(火)より利用再開可能。
  •      但し、感染予防対策の徹底及び無観客により利用可能。

  • 3)那珂市 ・・・ 2月9日(火)より利用再開可能。
  •      但し、感染予防対策の徹底及び無観客により利用可能。

  • 4)日立市 ・・・ 当面、スポーツ施設の使用中止を延長。
    5)常陸大宮市 ・・・ 当面、スポーツ施設の使用中止を延長。
    6)水戸市 ・・・ 2月9日(火)より利用を再開。
  •      但し、感染予防対策の徹底及び無観客により利用可能。

  • 7)鉾田市 ・・・ 2月8日(月)より利用再開可能。
  •      但し、感染予防対策の徹底及び無観客により利用可能。
    ■これらの事から、1 月 8 日〜合気道の稽古活動を休止していましたが、充分なる感染予防対策の徹底と参加者の管理を充分に行う事を前提として「活動を再開」する事にしました。
     (マスクの完全着用・入退場時の手指消毒・密の回避・換気の徹底・剣杖の貸出禁止・居残り稽古中止)
    ■稽古再開日 ・・・ 2月13日(土)〜 詳細は各地区責任者から連絡
     ★松戸道場は、火曜日と土曜日のみ稽古再開とし、木曜日の稽古は当面見合わせる
     (各地区市町村施設の再開条件温度差がありますので、その条件に沿った再開をお願いします)
    ■稽古参加に際し、感染リスクを完全に除去出来無い事をご理解の上、自己判断による参加を願います。
    ■対象(地区傘下道場) ・・・ ひたちなか市(松戸・湊)・東海村・那珂市 の「一般部・少年団」
     (★日立市と常陸大宮市は行政が決断せず当面見合わせ、今後の状況により再開)
    ■会員への連絡 ・・・ 各地区指導員から連絡周知願う (漏れの無いように願いたい。特に少年団)
    ■稽古再開と言っても、段階的に稽古を再開するという事を充分念頭に置き、従来の感染防止や対策のガイドラインに加えて、各人の危機意識や自粛行動の再認識と対策の徹底をお願いします。
 

 

 
【発行元】 ひたちなか合気会
【所在地】 茨城県ひたちなか市
【代表者】 五十嵐 雅高
【E-mail】 こちらのフォームから
ページの先頭に戻る